日本バスケットボール協会の三屋裕子会長は5日、新年あいさつのオンライン取材に応じ「昨年は(新型コロナウイルスで)さまざまな大会が中止、延期となった。先が見えない日々だが、何とか選手の思いをかなえてあげたい」と抱負を語った。