【久米島】沖縄電気保安協会那覇支店業務グループの電気主任技術者・古波倉正松さん(67)が12月11日、公立久米島病院(會澤佳昭院長)を訪れ、デジタル聴診器1台とスピーカーやワイヤレスヘッドホンなどを寄贈した。  デジタル聴診器は、日本のベンチャー企業が国内で初めて開発。