【名護】市は新型コロナウイルス緊急経済対策として、国の特別定額給付金10万円の対象とならない昨年4月28日以降に生まれた新生児1人につき、5万円を支給する。12月の市議会で事業費などを盛り込んだ補正予算を全会一致で可決した。  事業は地方創生臨時交付金を活用する。