萩生田光一文部科学相は12月25日の閣議後記者会見で、わいせつ行為で懲戒免職となり教員免許が失効しても、3年経過すれば再取得可能としている教育職員免許法について、期間を5年や無期限に延長して規制強化する法改正を断念すると明らかにした。