自民党の森山裕国対委員長は6日、4月の衆院北海道2区と参院長野選挙区の両補欠選挙で自民党候補が敗れても、菅義偉首相の政権運営に影響しないとの見解を示した。「選挙に負けたから政局になるということはあり得ない」と記者団に語った。