沖縄県で昨年1月に豚熱(CSF)が発生した農場に隣接し、約2千頭の豚の殺処分を余儀なくされた沖縄市の農場が、子どもをよく産む「多産系母豚」を活用し、経営再開へ踏み出している。通常より年間10頭ほど多く産む“スーパー母豚”を、約1千万円かけて岩手県から約100頭購入。