全国さんま棒受網漁業協同組合(東京)は6日、2020年の全国のサンマ水揚げ量は前年比27%減の2万9566トンだったと発表した。記録が残る中での最低となった19年を大きく下回り、2年連続で歴史的不漁に直面した。「秋の味覚」として親しまれてきたサンマの資源回復の遅れが鮮明となった。