台風や地震などの自然災害で懸念される企業のインフラ被害の早期復旧を支援するため、NTTデータは衛星画像や人工知能(AI)を活用し、早ければ半日で被災エリアを特定できる技術を開発した。最高で50センチまで見分けられる高精細の立体地図と、災害発生後の衛星画像を比較し被害を素早く把握。