聖飢魔Ⅱの創始者で地獄の大魔王・ダミアン浜田陛下によって結成されたヘビーメタルバンド「Damian Hamada’s Creatures」(2020年)のボーカルに県出身のシンガー・ソングライター「さくら“シエル”伊舎堂」(伊舎堂さくら)が抜てきされ、メジャーデビューした。昨年、大聖典(アルバム)「旧約魔界聖書 第1章」「旧約魔界聖書 第2章」がリリース。さくら“シエル”伊舎堂に話を聞いた。(聞き手・西里大輝)

「Damian Hamada’s Creatures」のボーカル・さくら“シエル”伊舎堂(ソニー・ミュージックレーベルズ提供)

「Damian Hamada’s Creatures」のボーカル・さくら“シエル”伊舎堂(ソニー・ミュージックレーベルズ提供)

沖縄でのライブを心待ちにする伊舎堂さくら=那覇市・沖縄タイムス社

「Damian Hamada’s Creatures」のボーカル・さくら“シエル”伊舎堂(ソニー・ミュージックレーベルズ提供) 「Damian Hamada’s Creatures」のボーカル・さくら“シエル”伊舎堂(ソニー・ミュージックレーベルズ提供) 沖縄でのライブを心待ちにする伊舎堂さくら=那覇市・沖縄タイムス社

 -ダミアン浜田陛下も高く評価していると聞きました。

 元々、聖飢魔Ⅱが好きで、その創始者の陛下に選ばれて…。うれしい驚きと衝撃で最初は何も考えられませんでした。私でいいの? という思いはすごくありましたし、CDを出す、歌うのは私と、一人で舞い上がってしまいました。

 -ヘビメタ初挑戦ですね。

 もともと大好きなジャンルではあったのですが、このような機会がないと歌うことはなかったと思います。いつかやってみたいと思っていたので、大チャンス到来という感じでした。

 -悪魔の僕(しもべ)“改臟人間”にされてしまいました。周囲の反応は。

 みんな最初は驚き、「あれ本当にさくら」とみんなに言われました。でも、「メジャーデビューできてよかったね」とみんな喜んでくれて、うれしかったです。音楽をやり続けることの大切さを実感しました。正直、音楽を続けるべきか悩んでいた時期でした。私としては目指しているのはミュージシャン。でも世間では「Xファクターの子」「歌うま番組に出ている子」という認識で、ミュージシャンという見方はしてもらえませんでした。なので、今回話をいただき、メジャーデビューできて、今は音楽を、歌をやめなくて、本当によかったと思っています。

 -どんなボーカルになりたいですか。

 陛下の語り手でありたいとの意識をずっと持ってやっています。私の中でボーカルは、前に立ち、引っ張っていく人というイメージがあります。一番話をして、伝える側になるのはボーカルで、そんなボーカリストになりたいですし、このプロジェクトを引っ張っていける改臟人間になりたいです。

 -今後の抱負を。

 とにかくライブがしたいです。私自身、ライブが好きということもありますが、早く陛下の曲を歌いたいとずっと言い続けています。PV撮影も楽しく、同じ改臟人間の「金属恵比須」さんとの相性もよくて、金属恵比須さんたちと実際のステージに立ったら、絶対楽しいだろうなと。生の音で陛下の歌を聴いていただきたいです。そして、私の成長を沖縄の人には見ていただきたいです。沖縄の皆さんには長い間、応援してもらっています。その方々にライブを見ていただくのが一番の恩返しなのかなと思っています。陛下には第3章、第4章を作っていただき、それを歌っていきたいですし、もう少し改臟もされてみたいです。

 さくら“シエル”伊舎堂 1999年(魔暦元年)生まれ。21歳。沖縄市出身。3歳より教会のChoir(クワイア)で歌い始める。小学生で60~80年代のクラシックロックに目覚めドラムを始めると、ライブハウスで大人に混じって歌いドラムをたたく姿が県内外で話題となる。14歳の時に人気オーディション番組「X FACTOR OKINAWA JAPAN」でDeep Purple、AC/DC、JOURNEYなどを歌い、審査員に「Princess of Rock」と絶賛され、ファイナリストとなる。