[胃心地いいね](608)cafe NooR 沖縄市照屋

人気メニューのタコス(右、3個入り650円)とグリーンカレー(700円)。バナナ1本使ったバナナスムージー(奥、450円)も人気

銀天街近くで育ったST-LOWさん。「アーケードがなくなり、街の雰囲気も明るくなってきた。ぜひ気軽に来てほしい」と話している=4日、沖縄市照屋・cafe NooR

胃心地いいね cafe NooR

人気メニューのタコス(右、3個入り650円)とグリーンカレー(700円)。バナナ1本使ったバナナスムージー(奥、450円)も人気 銀天街近くで育ったST-LOWさん。「アーケードがなくなり、街の雰囲気も明るくなってきた。ぜひ気軽に来てほしい」と話している=4日、沖縄市照屋・cafe NooR 胃心地いいね cafe NooR

 沖縄市照屋の商店街「銀天街」にある喫茶店。ラッパーのST-LOWさん(41)が営む店内は、入り口付近にDJ機材が置かれ、ジャズのレコードが流れる、音楽に囲まれた空間だ。「少しでもこの街を遊べる空間にできれば」と語る気さくな人柄に引きつけられ、学校帰りの小学生からお年寄りまで地域の幅広い世代の住民が足を運ぶ。

 原点は10歳の頃。教師をしていた父の転勤で沖縄市に引っ越してきた。当時銀天街にあったデパートやゲームセンターで遊んだ思い出は鮮明だ。

 その後、福岡の大学に通っていた際に沖縄出身の友人から教えてもらったラップに熱中し、19歳から音楽活動を続けてきた。数年前から銀天街にあったレコード店に通うようになったのがきっかけで、2018年3月に店をオープンさせた。

 「とにかくおなかいっぱいになってもらいたい」との思いが込められたメニューは、どれもボリュームたっぷり。自家製のトルティーヤで包まれたタコス(3個入り650円、価格は全て税込み)は外側はパリッ、中はもちっとした食感が楽しい。

 グリーンカレー(700円)はクミンやガラムマサラなど多数のスパイスがふんだんに使われていて、辛さも調整可能。バナナを丸ごと1本使ったバナナスムージー(450円)も人気だ。

 「アーケードが撤去されて街の雰囲気も明るくなった」と話すST-LOWさん。「遊びに来る子どもたちが、いつかこの街でお店を始めてくれたらうれしいですね」と笑顔で話した。(中部報道部・豊島鉄博)

 【お店データ】沖縄市照屋1の14の16(1階)。営業時間は午後3~8時ごろまで。不定休。営業時間や店休日などは店のインスタグラム(@cafenoor098)で確認できる。