改正飼養衛生管理基準が2020年6月に公布され、21年4月から加熱処理の強化やマニュアルの作成が義務付けられる。国は、県内の豚熱(CSF)発生について、ウイルスが混入した非加熱の食品残さを餌として与えていたため、感染した可能性が高いとの見解を示している。