「我々ウチナーンチュは、ウチナーンチュであることに誇りを持っている」。今大会で「世界のウチナーンチュの日」に制定された10月30日。沖縄県の翁長雄志知事と2人の提案者が高らかに宣言すると、会場は万雷の拍手と、歓迎の指笛に包み込まれた。