【うるま】市上江洲の介護老人保健施設「陽光館」で、入所者の金城芳文さん(66)が窓から見える風景などを色鉛筆で描いた絵がロビーに展示され、職員や利用者から「障がいを感じさせないきめ細かく鮮やかな作品。大きな励みと癒やしになる」と評判を呼んでいる。