自分が見ている「赤」の色が、じつは他の人には別の色に見えているのではないか。もちろん、自分にはその赤はいつでも同じように見えるが、そもそもそれは実際は違う色なのではないか。  誰もが一度はそう考えて、自分が見ている世界に不安を抱いたことがあるだろう。