多様な人々が包摂される社会をつくる-。とても大切な社会目標なのは、誰も否定しないだろう。ただ、私たちがそう語る際、意図的に、あるいは無自覚に視界から外している問題もある。それは、「多様」という言葉が暗に、一人一人に明確で固定的な「様(在り方)」があると仮定してしまっていること。