◯…就任後、初の村議会に臨んだ比嘉孝則北中城村長。丑(うし)年にちなみ「牛歩のごとく力強い北中城、弱者に寄りそう優しい行政にしたい」と抱負を述べたが、冒頭で声が震えた。村職員時代には課長としても何度も答弁の経験があったが「村長としての議会はやっぱり違う。初々しかったな」。