正岡子規が、見たままを写して現場のリアリティーを取りこむ「写生」を提唱して以来、俳句の創作では「見る」ことが重要視されてきた。この「見る」は視覚にとどまらず、対象をいかに把握するかという認識の問題として深化している。