【宮古島】市平良の狩俣集落では冬至の昨年12月21日、恒例の「ショウガツカマ」(小正月)が行われた。集落8班のうち6班が早朝から班長を中心に、豚肉と豚の血液、こんにゃく、ニンニクの葉などを入れた「ツーキィワー(チーイリチー)」を大鍋で煮込む作業が行われた。