[フォローアップ] 慶良間諸島周辺で年末年始に相次いだ、米軍機の低空飛行訓練。防衛省は、1999年の低空飛行訓練に関する日米合同委員会合意に基づき、最低高度の順守を求めたが、そもそも、日米地位協定では日本の航空法は適用外で、実効性には疑問がある。