沖縄タイムス+プラス ニュース

忘年会の教職員はクラスター 沖縄のコロナ療養者が510人に 8月以来の500人超え

2021年1月10日 13:00

 県は9日、新たに10歳未満から70代までの男女計70人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。療養者数は510人となった。500人を超えたのは8月24日の526人以来。

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 北谷町教委が発表した同町立学校に勤務する教職員5人の感染について、県は87例目のクラスター(感染者集団)と認定した。クラスターの一部を公表していなかった問題について糸数公保健衛生統括監は「随時、件数を公表していく」と述べた。

 新規感染者70人のうち、感染経路が分かっているのは44人。内訳は家族12人、会食飲食10人、職場関係6人、友人知人5人、県外感染者との接触2人、調査中9人だった。

 直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数は23・89人で全国13番目。最多は東京都73・11人、続いて神奈川県42・17人、栃木県37・21人、宮崎県36・14人。全国平均は28・40人だった。

 在沖米軍関係では、16人の新規感染が確認された。内訳は嘉手納基地4人、普天間飛行場2人、キャンプ・ハンセン8人、キンザー1人、シュワブ1人だった。

(写図説明)県の新型コロナ感染に関する判断指標と現状

連載・コラム
記事を検索