きょうは「塩の日」。武田信玄が周辺国から塩の供給を断たれて困り果てる中、上杉謙信が「敵に塩を送った」日とされる。敵の損は本来、自分の得。しかし本音を封じ、「人々が苦しむ」と人道主義の建前を貫いた義挙が語り継がれる▼戦国の世だけでなく、米大統領選でも建前や慎みは美徳とされてきた。