U15女子フットサルの第11回全日本選手権大会は10日、三重県で開幕し、予選リーグが行われた。九州代表のcasa・okinawa・ale(カーサ・オキナワ・アレ)は1勝1敗でグループAの2位となったが、得失点差で決勝トーナメント進出を逃した。