【読谷】村瀬名波地区でゆいまーる共生事業(ミニデイサービス)を実施している「瀬名波泉の会」(新垣真善会長)は昨年12月23日、地域の高齢者の自宅を訪問し、クリスマスプレゼントとして市販のチキンやお菓子の入った手作りのクリスマスブーツ、渡慶次小1年生の児童のメッセージが入った特製うちわなどを贈った。