沖縄県内各地で成人式が開かれた10日、はかま姿の新成人の男4人が酒気帯び運転など道交法違反容疑で逮捕された。

(資料写真)パトカー

 糸満署は午後5時15分ごろ、市西崎で酒気を帯びた状態でバイクを運転したとして道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで糸満市の建築作業員(20)を現行犯逮捕した。

 与那原署は午後4時40分ごろ、与那原町町道でバイクを2人乗りし、2・5メートルの旗竿(はたざお)を振り回すなど暴走行為をしたとして、運転手の自称港湾作業員(20)=自称南城市=と、同乗者の自称給油所従業員(20)=自称南城市=両容疑者を道交法違反(順守事項違反、道路禁止行為)の疑いでそれぞれ現行犯逮捕した。

 うるま署は午後6時50分ごろ、同市安慶名交差点で改造車両を運転し暴走したとして、同市の自称土木作業員(20)を道交法違反(安全運転義務違反)の疑いで現行犯逮捕した。