全国スーパーマーケット協会(東京都)が12日発表した「お弁当・お惣菜大賞2021」で、フレッシュプラザユニオンを運営する野嵩商会と、サンエーの商品がそれぞれ優秀賞に選ばれた。

「お弁当・お惣菜大賞2021」で優秀賞を受賞した、野嵩商会の点心弁当

「お弁当・お惣菜大賞2021」で優秀賞を受賞した、サンエーのさば竜田おにぎり

「お弁当・お惣菜大賞2021」で優秀賞を受賞した、野嵩商会の点心弁当 「お弁当・お惣菜大賞2021」で優秀賞を受賞した、サンエーのさば竜田おにぎり

 野嵩商会は中華点心の定番商品部門で、那覇市の台湾料理店「臺瓏(タイロン)」と作った点心弁当が受賞。サンエーはおにぎり部門で、自社工場で作っている「あぐーみそ」ときんぴらごぼう、サバを合わせた「さば竜田おにぎり」が選ばれた。

 審査では、点心弁当は「ご当地感あふれる地元名店とのコラボで非常に個性的な味わい」、さば竜田おにぎりは「三つの具材のバランスが良い」と評価された。

 野嵩商会の担当者は「コロナで観光客が落ち込んでいる臺瓏を支援しようと企画した。これを機に販売を強化したい」と意気込んだ。サンエーの担当者は「コロナで販売が厳しい中、プロの目線で選んでいただいた受賞は自信につながる」と喜んだ。