共同通信 ニュース

元柔道選手ハハレイシビリ氏死去 49歳、バルセロナ五輪「金」

2021年1月13日 17:20

 国際柔道連盟は12日、旧ソ連合同チームの一員として参加した1992年バルセロナ五輪男子95キロ超級決勝で、小川直也を倒して金メダルに輝いたダビド・ハハレイシビリさん(ジョージア)が49歳で死去したと伝えた。心臓病を患っていたという。

 1992年7月、バルセロナ五輪柔道男子95キロ超級決勝で小川直也(右)を破って喜ぶダビド・ハハレイシビリさん(共同)

 ジョージアに初の五輪金メダルをもたらしたハハレイシビリさんは、故郷の伝統武術チタオバで身につけた力を生かして活躍。世界選手権では91年の無差別級、93年の95キロ超級で2位に入るなどした。96年アトランタ五輪は計量会場を間違えて失格となった。

 日本でプロ格闘技の試合に参戦したこともあった。(共同通信)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

連載・コラム
記事を検索
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間