沖縄県南城市と沖縄刑務所(市知念)は12月22日、災害時に市民を受け入れるなど相互協力する協定を結んだ。台風や地震などの発生時、必要に応じて刑務所の職員用鍛錬場が避難場所となる。 市などによると、刑務所と自治体が災害時の協定を結ぶ動きは全国で拡大。