【沖縄】市泡瀬の「さざなみっこ保育園」(高良さゆり園長)の年末恒例の「もちつき大会」が12月28日、園内であった。5~6歳児が保育士の支えで懸命に餅をついた。他の園児から「頑張って」と声援が飛んだ。 この日、用意されたもち米は2キロ。近くのサザエ公園で脱穀した約1キロに市販の米を加えた。