(第1部)平均株価は続伸。300円近く上げ、2万8400円台で引けた。バブル経済期以来、約30年5カ月ぶりの高値を記録した。米次期政権の経済対策への期待感から買い注文が優勢となり、午後に上げ幅を拡大した。ただ日本の緊急事態宣言の対象地域拡大が警戒されて下落する場面もあった。