16日から5月末まで県内34カ所で開かれる「第38回沖縄花のカーニバル2021」を前に、県内5社・組合は13日、沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)にマリーゴールドやサルビア、パンジーなどのプランター計450鉢を寄贈した。