ジェットスター・ジャパンは12日、21~31日の期間の新たな減便を発表した。沖縄関連路線は、成田-那覇線が32便、中部-那覇線が10便の計42便。今回発表分と合わせて、1月の減便数は、成田-那覇線が56便、中部-那覇線が20便となる。  下地発着の成田線、関西線は減便しない。