沖縄県が、2022年の日本復帰50年に向け、在沖米軍基地の整理縮小を政府へ改めて要請する方向で調整していることが分かった。県内に約70・3%が集中している在日米軍専用施設面積について「当面は50%以下を目指す」との数値目標を、玉城デニー県政として初めて提示する方針。