自民党の下村博文政調会長は13日の記者会見で、4月の衆院北海道2区と参院長野選挙区の補欠選挙で自民党候補が2敗すれば「政局になる」とした自身の発言に関し「政局という言葉自体が適切でなかった」と反省した。「政調会長は菅政権を支える立場だ。私から『菅降ろし』をするはずはない」とも述べた。