沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄で新たに1人死亡 70人が感染【1月14日昼】

2021年1月14日 15:22

 沖縄県は14日、新型コロナウイルスに感染した1人が死亡したと発表した。関連死者は計86人となった。また、新たに70人が新型コロナに感染したと発表した。県内の累計感染者数は6107人となった。1日当たりの新規感染者が二桁になるのは111日連続。

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)


 在沖米軍関係は8人が感染し、累計で791人となった。
 国の緊急事態宣言の対象が11都道府県に拡大したことを受けて、県は追加された大阪府など7府県と沖縄との不要不急の往来自粛を要請する方向で調整に入っており、14日午後に対策本部会議を開いて確認する。同日夕に、玉城デニー知事が会見して発表する。
 県内の累計感染者は13日に6千人台を突破して6037人になった。4、5千人台はそれぞれ約30日間で千人増加するペースで推移していたが、6千人台へは昨年12月22日から22日間で増えており、感染拡大のペースが速まっている。
 直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数は29・65人で、全国12番目。最多は東京都の88・55人で、神奈川県58・95人、千葉県45・12人と続いた。
 

連載・コラム