木下は省吾(しょうご)よりも年下の二十七歳だ。出会ったばかりのころは自分に対して敬語を使っていたが、すぐにそうではなくなった。  省吾は取るに足らない存在だと木下には思われているということだ。