ラグビー日本選手権で新日鉄釜石(現釜石シーウェイブス)が同志社大を破り7連覇を達成した。選手兼監督としてチームを率いた松尾雄治がこの試合を最後に引退。神戸製鋼が10年後、新日鉄釜石に続き日本選手権7連覇を手にした(1985年)▼ロンドンの大英博物館が一般公開された。