【宮古島】17日投開票の宮古島市長選は14日、「三日攻防」に突入した。新人で保守系無所属の前県議、座喜味一幸氏(71)=社民、社大、共産、立民推薦=と、保守系無所属で4選を目指す現職の下地敏彦氏(75)=自民、公明推薦=が精力的に市内各地を遊説し、有権者に支持を訴えた。