県議会米軍基地関係特別委員会(照屋守之委員長)は14日、委員会を開き、慶良間諸島周辺での米軍機の低空飛行訓練に抗議する声明を全会一致で採択した。「地域住民に恐怖を与えており、万一墜落すれば大惨事につながりかねず、断じて容認できない」と非難し、住宅地上空での飛行訓練の即時中止を求めた。