政府が新型コロナウイルス対策として入院を拒否した感染者らへの罰則を定める法改正を検討していることに関し、日本医学会連合は14日、門田守人会長名で「罰則を伴う強制は恐怖や不安を引き起こし、感染症対策に不可欠な国民の協力を妨げる恐れがある」との緊急声明を出した。