名古屋市の東山動植物園で、国内に残る最古の公共温室の修復が終わった。鉄骨ガラスぶきで「東洋一の水晶宮」と呼ばれ、1936年建設。国の重要文化財に指定されており、7年かけて老朽化した鉄骨を補修、耐震化した。今年春に再オープンする。

 修復が終わった東山動植物園の温室=2020年12月、名古屋市

 温室は「名古屋市東山植物園温室前館」。五つの部屋で構成され、幅約66m、高さ約12m。鉄骨の温室では国内最初期のものだ。

 当時主流の「リベット(びょう)」による鉄骨の接合ではなく、電気溶接の最新技法を用いたことで継ぎ目が目立たず、全体のラインがすっきりと美しい。建築技術史上、価値が高いとして2006年に重要文化財に指定された。(共同通信)