大石内蔵助ら赤穂四十七士が旗本の吉良上野介に夜襲をかけ、主君の敵を討つ-。忠臣蔵、赤穂浪士などの名で、古くは人形浄瑠璃や歌舞伎、戦後はテレビドラマや映画の題材とされてきた歴史上の事件。この“定番中の定番”に、作家の伊集院静さんが挑んだ。