新型コロナウイルスの流行とともに、アナログな昭和感覚がますます遠ざかっている。本書はそんな時代変化を見事に描き出した一冊。  主人公は、還暦を過ぎた独身女性の乾明子。既に両親が他界し、新型コロナに見舞われた今は、シェアハウスで日々を堅実に過ごしている。