金秀グループ(呉屋守將会長)は15日、2021年度の取締役候補者を内定したと発表した。金秀鉄工の社長に大城健専務(58)が昇格する。金城淳社長(66)は副会長に就任する。かねひで総合研究所の理事長には金秀本社の花牟礼(はなむれ)真一特別参与(56)が就き、呉屋守章理事長(70)は名誉理事となる。