年明けから米軍普天間飛行場の航空機騒音が激化している。特に午後10時以降の騒音が連日にわたり、日米両政府が結んだ騒音防止協定の形骸化状態が続く▼「午前0時過ぎても聞こえる」「受験生がいる。この状況はつらすぎる」。米軍のやりたい放題に市民の怒りが募る。