昨年のお守りやお札、正月飾りなどを燃やし、無病息災を祈る「古神札焚上祭(こしんさつたきあげさい)」(ドンド焼)が15日、那覇市の波上宮であった。1月15日「小正月」の恒例神事で、県内各地から持ち込まれた縁起物などを燃やし続けるため、つけた火は10日間ほど、ともし続ける。