沖縄戦を指揮した第32軍司令部が1944年末から45年初めにかけて作成した「第三二軍司令部球第一六一六部隊 留守名簿」(国立公文書館所蔵)で、本籍欄に「朝鮮」と記された男性が2人いたことが15日までに分かった。