厚生労働省は15日、児童相談所の体制強化に向けた政府計画を1年前倒しし、2021年度中に全国に配置する児童福祉司を約5260人の態勢にすると公表した。17年度比で約2千人の増員となる。年々増加する児童虐待に対応する目的。