石川酒造場(西原町、大城俊男社長)はシナモンの一種「カラキ(オキナワニッケイ)」を使用した泡盛リキュールの開発を進めている。同社は酒の好みの多様化に合わせて2018年からクラフトジンを製造。原料の一つにカラキを使用しているが、県産素材としての知名度が低いことを知り、商品化を決めた。