インターネット通販大手のアマゾンジャパン(東京)が、過去の利用データを分析して在宅可能性の高い曜日や時間帯を自動で予測し、商品を届ける新たな配送方法を始めたことが15日分かった。新型コロナウイルスの感染拡大で通販の利用が急増しており、再配達を減らす狙いだ。