芥川賞が創設されたのは1935年。民間の賞ではあったが、選考は時局柄、「日本」をどう表現するかという問題に直面せざるを得なかった。  同賞受賞作、候補作を中心に敗戦までの10年にわたる文学状況を銃後、外地、皇民化などテーマに沿って追う論考。  (青弓社・4400円)